アボサンinfo.
intro
阿保美代さんとは
アボサンとわたし
works
作品リスト
単行本紹介
│      1977〜
陽だまりの風景
ふるさとメルヘン
お陽さま色の絵本
時計草だより
ふるさとメルヘンA
くずの葉だより
│      1987〜
ルフラン
夏のてじな
森のメルヘン
そよかぜの木
マンガ二人で料理〜
thought
いろいろ思索
作品レビュー
refer
関連リンク
当サイトについて

マンガ二人でつくる基本料理がいきなりおいしくできる本     
©阿保美代 (SOPHIA BOOKS/ 講談社/ 1999.1.15初版) 
 料理本を一冊マンガにしたら。重金碩之氏原作で阿保さんがコミック化。 日本料理やおふくろの味から、パンやサラダ、果実酒まで多彩。

 イラストの傾向は変わったけど、繊細で丁寧な仕事ぶりは変わらず。 新婚夫婦が仲良く学んでいく、ストーリー付きマンガレシピ本。

著者・装画/阿保美代、原作/重金碩之、ブックデザイン/鈴木成一デザイン室  カバー裏表紙

 ▽ 目次 (収録作品)    ▽ インプレッション  


 
目次 (全15章)    

作品タイトル頁数初出誌
 巻頭のことば …重金碩之・阿保美代1p 
 「お料理にはちょっと自信がない、でもおいしいものは大好きです」というお二人へ
 はじめてキッチンに立つ二人へ …早見優4p 
 料理の基本ってこんなにおもしろくて簡単にわかる!
 梅の湯 クッキングファミリーの紹介2p 
 真梨亜、洋一、お義母さん、洋一の姉、お義父さん、カンペイ、村田さん
 第 1章 みそ汁とイワシのショウガ煮15p+2p BE・LOVEブライダル '94年 6月号?
 みそ汁の基本、イワシのショウガ煮
 第 2章 あえもの15p+2p BE・LOVEブライダル '94年 7月号?
 ほうれん草のゴマ合え、酢みそ合え、白あえ、梅肉あえ
 第 3章 お漬け物15p+2p BE・LOVEブライダル '94年 8月号?
 ぬか漬け、卵のぬか漬け
 第 4章 冷凍・解凍15p+2p BE・LOVEブライダル '94年 9月号?
 冷凍保存の基礎知識、解凍の仕方、即席シーフードカレー、アイスティー
 第 5章 大根おろし15p+2p BE・LOVEブライダル '94年10月号?
 大根おろしのコツ、アジのおろし煮、しめサバのみぞれあえ、なめこのおろしあえ、もみじおろし
 第 6章 炊き込みご飯13p+2p BE・LOVEブライダル '94年11月号?
 炊き込みご飯の基本、サツマイモご飯、中国風まぜご飯、かやくご飯、タケノコご飯のヒント、
 クリご飯のヒント、マツタケご飯のヒント
 第 7章 盛りつけ13p+2p BE・LOVEブライダル '94年12月号?
 盛りつけの基本、漬物の盛りつけ方、刺身の盛りつけ方、天ぷらの盛りつけ方
 第 8章 鍋物11p+2p BE・LOVEブライダル '95年 1月号?
 サケ鍋、トンしゃぶ、カキのミルク鍋
 第 9章 卵料理13p+2p BE・LOVEブライダル '95年 2月号?
 プレーンオムレツ、目玉焼き、ゆで卵のいろいろ、かき玉汁、薄焼き卵
 第10章 おふくろの味11p+2p BE・LOVEブライダル '95年 3月号?
 高野豆腐の含め煮、ひじきと厚揚げの煮もの、切り干し大根と油揚げの煮もの、
 干しシイタケのもどし方、はるさめのもどし方、かんぴょうのもどし方
 第11章 お寿司13p+2p BE・LOVEブライダル '95年 4月号?
 寿司めしの基本、合わせ酢、かんぴょうの甘煮、シイタケの甘煮、細巻き寿司、牛肉ちらし、
 漬物ちらし
 第12章 紅茶13p+2p BE・LOVEブライダル '95年 5月号?
 紅茶の種類、紅茶のいれ方、ロイヤルミルクティー、お手軽トリュフ、
 サワークリームとナッツのディップ、ジンジャーティー
 第13章 果実酒13p+2p BE・LOVEブライダル '95年 6月号?
 果実酒の基本、梅酒、干し柿酒、夏ミカン酒、サクランボ酒
 第14章 サラダ13p+2p BE・LOVEブライダル '95年 7月号?
 セロリサラダ、ドレッシングの基本、ナスのサラダ、豆腐のサラダ、ちくわサラダ、トマトサラダ
 第15章 パン13p+2p BE・LOVEブライダル '95年 8月号?
 パンの扱い方、フレンチトースト、固くなったパンは?、フルーツサンド、食パンのミミ揚げ、
 パンのピザ、フルーツサンドのおいなりさん、目玉トースト、カラメルトースト、
 キュウリと卵のサンドイッチ
 本書で取り上げた料理一覧2p 


 
Impression    

 
 なかなかの力作。表紙だけを見て、料理本に阿保さんのマンガが少し添えられている程度かな、と想像していた。 実際にはそうではなくて、料理本をコミック化するための原作があり、 それを元に阿保さんがほぼ丸ごとマンガにしている。全247ページ。

 元は、新婚女性向け月刊誌の連載だったようだ。 それを一冊の本として再構成、料理に合わせて章立てにし、コツやおさらいのコラムが1ページ加わる。 原作は、NHKの放送作家、重金碩之(しげかね ひろゆき)氏。前書きに早見優さん。

 ストーリーは、銭湯の家に嫁いだ新婚ホヤホヤの妻が、義母や周囲の人々に助けられながら、 様々な料理を学んでいくという筋立て。ページからは明るさが漂い、爽やか。 主な登場人物も6人+1匹いて、それなりにドラマがある。エキストラも様々。人も良い。 バブル後の、少し落ち着いたが豊かな時代を感じる。

 ひじき、揚げ豆腐、ぬか漬け、鍋物など、仕込み手順から描かれた多彩な調理のイラストも、 その道の人には勉強になるかもしれない。'80年代のアボサンの幻想的な絵ではなくなっているが、 これはこれで良質なものだと思う。

 この本は台湾でも翻訳され出版されているようだ。 恐らく日本料理を学ぶため、というよりも、「新妻が奮闘するストーリー漫画」として読まれているのではないか。

 料理を絵にするのは大変だろうに、しっかりと描かれていて感心してしまう。 '90年代半ばにはマンガを離れたように見えた阿保さんが、 実は精力的に仕事をされていたことを知り、嬉しい気持ちになった。

(by ライラック)

 
 無駄な力が抜けている。輪郭クッキリがなくなって、 全体的に、自然で、無理のない、好感のもてるタッチ。 うさぎのおばさんさん(@森のメルヘン)のキャラクターが、 姑さんにも、お嫁さんの明るい感じにも引き継がれている。

 料理の絵も、綺麗で上品に描けている。他の料理漫画とは全く違った描き方。 美味しそうというより、見やすいように。 また、食材を扱う下ごしらえや、調理プロセスが丁寧に描き出されているのは、女性漫画家ならでは。 青年マンガにあるような薀蓄ものとは別で、実用性も高い。

 全体の雰囲気は、阿保さんオリジナルではあると思う。 木の描き方、草花の描き方、光の描き方に、阿保さんの持っているもの、良さがちゃんと出ている。 緻密な描き込みも健在。他の人にはなかなか真似できないだろう。

 各章の終わりに、「いきなり○○が上手になるコツ」という コラムがついているのが、とても親切で実用的。 あと、この旦那さんは、阿保さんの理想の男性像ではないか。

(by 雪だるま)


2010-05-29〜 
編集:アボサンinfo. 
illustration ©MIYO Abo 1994-1999 

ページTOPへ △


△ サイトTOPへ戻る △ inserted by FC2 system